地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年09月28日

中央ふ頭


中央ふ頭。正式には「博多港国際ターミナル中央ふ頭」。
英語・韓国語表記も併せて、記載量の多いバス停になってます。
「11」「19」「151」「152」など、来るバスの種類も多彩。土曜の14:55に千鳥橋行きも健在です。

「ふ」だけひらがななのは、なんか間抜け。「博多ふ頭」も東区の「ふ頭中央」もみんな「ふ」
北九州の田野浦・太刀浦は「埠頭」とちゃんと漢字なのにねぇ。



バスはロータリーの南側から入って、北側のバス停に停車。



中央ふ頭で客扱いを終えたバスは、北側へ。



広い敷地の待機場。待機場を撮影しに歩く途中も、頻繁に回送バスとすれ違います。

あまり自分に縁のない土地なので、訪れるたびに本数の多さを感じるのですが、
天神博多から国際センター・サンパレス・マリンメッセへの足と考えれば、
このくらいの本数は必要なんでしょうかね。

9月28日の全記事




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
季節外れの夜の動物園臨時2017
六本松交差点の景色が変わる前に
連節バス特快「9」
博多駅筑紫口のエアポケット
御笠川
全体的に六本松
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 季節外れの夜の動物園臨時2017 (2017-11-18 20:34)
 六本松交差点の景色が変わる前に (2017-09-14 06:06)
 連節バス特快「9」 (2017-09-13 06:06)
 博多駅筑紫口のエアポケット (2017-09-08 20:42)
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。