地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年05月12日

城内福岡市美術館東口


新緑の素敵な福岡城址の通り、とキャプションを書いて、
桜の時期にも撮りたかったなあ、と自分で悲観。



カーブ部分に立って、直線に正対してバスを撮るのが、私の中で流行っています。
正面に脊振山が見えることに気付きました。



バス停。



「福岡市美術館東口」。もとの城内。



城内食堂。私は行ったことないのですが、
友人の評価が真っ二つに割れていました。



1時間に15本の「13」。油山観光道路の時点では、これに「113」が加わるわけで、
それはそれはたくさんのバスが来ます、といいたいところですが、
基本的に追い抜きができない現状のためか、一人の下手の為によく詰まってます。



ここは舞鶴中学校跡地。
大名、簀子と共に、小学校が統合されたのに伴い、小中併設校となりまして、
現在の場所に移転しています。
中学校が、その校区の外にあるって、不便ですもんね。



文法的に間違っているけど、ニュアンスは分かる文章。
このままだと、許可なく禁止していることになります。
正しく書こうとすると、許可のない物品の販売及び占用、もしくは、
許可なく物品の販売及び占用を行うことを禁止、になりますが、冗長ですよね、なんか。




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。