地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年05月05日

間元


津久見市の東の端のほう、「間元」。
対岸に見えるのが保戸島、マグロ遠洋漁業の基地。



平地が少ないのに人口が多いので、建物は3階建てが当たり前に並んでいて、
日本の漁港らしくない風景が広がっているそうです。



こちらの岸から目を凝らして見ても、よくわかりませんでしたが。



バスが待機する向かい側に、小さな建物。



バス停。



四浦の付近は、フリー乗降区間らしいです。
実際の運用として、乗降や停車に危険が無い場合、フリー区間でなかったとしても、
田舎の生活路線バスは利用者の家の前にバス停あろうがなかろうが、
停まるのが当然のような雰囲気があります。

法律としては、一応規定しておかねばならないでしょうが、
そういうのは緩くていいんじゃないですかね。本数も少ないことですし。

福岡市内で、バス停を出発した後に近くの信号に引っかかっているバスが、
乗車扱いをしてくれないことに憤慨しているバカが散見されますが、
そういう奴はバスに乗らなくてもいいと思います。

その判断の差に、どのような基準があるのかは、うまく説明できませんし、
許容範囲の観念が人それぞれだからこそ、諍いが起きるわけですから、
法律や法曹が存在しなければいけない余地があるのですが、
自分ルールに合致しない人を見ると、世知辛いもんだなぁ、と思ってしまいます。
きっと私も人にはそう見えている筈です。かなり人間ちーさいですので。



津久見まで4便。
ここまで来たものは赤崎経由で、帰りは赤崎を複乗しないだけかと思っていたら、
赤崎入口からの丘越えも通らずに、荒代トンネル経由とのこと。
運動公園も経由したので、間元線は完乗したつもりになっていたのに、
またトンネルだけ抜けに来なければなりません(笑)。



バス停から100メートルそこらで、行き止まり。泊ヶ内ほどの終点感はないですが。



集落、こんだけ。



待機するバス。



高台を背に。



そこそこ古いバス。



側面の広告も、かなり煤けています。



頑張って走ってもらいたいものです。走り自体に支障はありませんでしたので。



ひじき、名産なんですかね。




同じカテゴリー(大分バス)の記事画像
夫婦岩 亀の井バス柚の木近く ユーバスのみのバス停
平原は亀の井バス ユーバスは平原入口
北大津留 由布市ユーバスの発着点
南部小学校前
何度でも大手前
上浦線
同じカテゴリー(大分バス)の記事
 夫婦岩 亀の井バス柚の木近く ユーバスのみのバス停 (2017-03-31 16:16)
 平原は亀の井バス ユーバスは平原入口 (2017-03-30 16:16)
 北大津留 由布市ユーバスの発着点 (2017-03-29 16:16)
 南部小学校前 (2016-03-25 07:07)
 何度でも大手前 (2015-05-12 17:17)
 上浦線 (2015-05-11 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)大分バス
この記事へのコメント
6/5(月)前半二日目は天神から「とよのくに」SNSで大分要町へ。金池TMまで歩いて佐伯行きに乗車、かつて「さざんか」の愛称のついた急行バスですが普通のワンステ。国道10号を快調に飛ばして大手前には5分程の遅れで到着、じっくりと大手前のターミナルを観察して大浜入口へ向かいます。バスは嬉しい旧型ワントップ、大手前から8名乗車で佐伯駅や途中からの乗車も多く賑やかに風光明媚な海岸線を走ります。終点大浜入口では月曜のみ運行の津久見市乗合タクシーが待ち受けておりこれで一気に峠越え、ライトバンのような車両で私ともう一人が乗り継ぎました。四浦半島の反対側に出た越智小学校で降りて穏やかな海を眺めます。やってきた間元行きもオールドタイマーで高浜を復乗してほどなく終点間元に到着。穏やかな海辺を走る印象でしたがいやいやとんでもない。落の浦から一気に高度を上げる、道も狭隘でヘアピン多く技術のいる路線です。深良津・久保浦・港でも一気下り一気上りの繰り返し、「久保浦」の次は「港」ですがこんな高い所から下りるのかという景色です、もちろん急坂もカーブも半端なくさすが管理人さんのお薦め路線、タダでは帰しません。このバスは赤崎経由ではありませんが間元は私を存分に楽しませてくれました。津久見駅からはJRにちりんで15分の特急旅、一気に佐伯に戻ります。佐伯からは一日一本の見明(みあかり)経由宇目タウン行きに乗車、こちらもうれしい中型。山深い所、田畑の広がった所を淡々と走りますがどこも金網で囲われ鳥獣による農作物の被害が深刻化していることを感じます。宇目タウンからは大野竹田バス三重町行きに乗り換えます。道は新しいバイパス道路でいくつもトンネルを抜け快適に走ります。と思っていたら松谷からいきなり左に折れ狭い狭い道をヘアピンカーブで一気に駆け下り内山観音へ、いやぁいきなり感が強かった。三重町からは豊肥本線で大分へ抜けるのですが大分大学前から学生がどっと乗り込み二両の気動車は一気に満員に、そして私はトキハから「とよのくに」に乗り、基山で「ひのくに」に乗り換え一気に熊本まで進んだのであります。本日の印象を表すならもちろん「一気」です。
Posted by せいやま at 2017年06月30日 19:16
乗合タクシーが羨ましいです。私は歩きました(笑)んで。
間元は素晴らしい風景ですし、よくここに道作ったなと思います。

福岡→大分→佐伯ローカル→大分→基山乗り換え→熊本ですか。
素晴らしい一気ぷりだと思います。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年07月13日 18:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。