地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年05月30日

藤崎


藤崎から西新方面への「1」がなくなって、
姪浜方面もバスターミナルからの発着になったので、
国道のバス停から行ける箇所が、非常に少なくなりました。

白のテープで行先を隠す作業は、昼に行われるのか、
夜になって灯りが点った時にどう見えるか、あまり考えられていないようです。



愛宕浜営業所に行くか、マリノアに行くか、という選択肢だけ。



1時間に4本くらいはあるので、まあ待たずに乗れる方でしょう。



ターミナル内の姪浜方面は、7番のりばが割り振られ、行先はカオスに。
藤ヶ丘と博多駅と六本松と小笹と桧原が同じ乗り場。



路線図、それぞれの系統を一直線に書くだけなので、何も支障は出ていませんが、
実際の地図に落とし込んでみると、てんでに別方向へ向かっているのがよくわかります。



いろんなところに行けます、と表現すべきか、
タワーと天神と六本松経由博多駅と原をそれぞれ割り振って、
残ったのが全部ここに詰め込まれた、と書くべきか。



でも、全部合わせても、この本数なんですよね。

どうやら来月にはこのブログも、記事4000本目を迎えることができそうです。
ありがとうございます。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。