地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年10月13日

瀬高駅前

京都の記事をたくさん書いたので、久しぶりに福岡のことを書く印象。
「ほぼ西鉄」と題しておきながら、また産交と堀川w


まずは産交。瀬高駅前。
以前はJRバスが運行していた山家までの路線を、産交が引き継いだものです。
駅のまん前、好立地から発車するのは、もともとJRバスだった優遇の名残かと。



バス停には瀬高発の時刻表のほかに、南関発の時刻表も掲載されています。
乗り継ぎの検索には便利なんでしょうが、間違う人間が絶対いると思います。



地方の中心駅にありがちなモニュメントと、駅前のマンション。



堀川バスの乗り場は駅を出て左側。ちゃんとした屋根とベンチもあります。



羽犬塚方面から回送でやってきたバスです。ぜひ客扱いをしていただきたいです、個人的には。
まず乗客の賑わいは望めないのでしょうけれど。



瀬高柳川地区の堀川バスは、この「かんぽの宿」行きの一系統だけになってしまいました。
柳川市の補助金が打ち切られれば消える運命なのでしょうが、頑張ってほしいです。

わたしが大学生の頃には、久留米市の相川でよく堀川バスのバス停を眺めていました。
いま相川の交差点は拡幅工事が行われていて、荒木方向を見ると新幹線の高架工事中。
留まるものは何ひとつないのですが、あそこにあったバス停を撮っていなかったことが悔やまれます。

10月13日の全記事




同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
柴庵2016
日向神
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)
 柴庵2016 (2016-05-11 07:07)
 日向神 (2016-05-10 07:07)

Posted by ちょんびん at 14:02│Comments(0)堀川バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。