地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年06月07日

津屋崎


福間駅方面の「1-2」を見送って、



後ろの松が、海沿いの雰囲気。



「津屋崎」。もとは津屋崎駅前。



津屋崎は港町ですので、もとの中心はもっと海に近いほう。
そこに鉄道が引かれて駅ができて、でもその鉄道が廃止になった時には、
周辺が街の中心といえるくらいの繁華街になっていて、
バス停はそのまま中心を示すような名前になる、うん、小笹みたいなもんです。

すなわち、商工会のあたりが津屋崎東口なんてバス停だった場合、
ここも東口より東にある津屋崎、となっていた可能性もあります。



駅の跡地には新しい住宅が建って、



ふくつミニバスの「津屋崎」バス停ができています。



新興住宅団地の雰囲気。



向かいの公園前にある看板には、まだ西鉄津屋崎駅が残っていました。



いまは、北側のバス停から、



西鉄新宮駅前までの「5」が、電車の代替として走っています。
平日朝だけは、天神まで直通の「26A」も4本設定されています。



経路選択の妙ですが、天神行きと神湊経由東郷駅行きが、同じバス停から。



「5」は、そこそこ本数があるので、バスは頻繁にやってきます。



「1-2」と、ほんのちょっとの「1-1」も含めて、
津屋崎あたりと福間の間は、けっこうバスが充実しているように感じました。
1日に1往復なんて場所にもたびたび行ってますので、
この辺の感覚は、地元目線を心がけても無理なところがありますし、
あくまで私の当日のイメージということで。




同じカテゴリー(宗像)の記事画像
西鉄バス停コラボチョコを語る#2 宗像エリア
西鉄新宮駅前
トリアスレストランモール前
津屋崎小学校前にスーパー大栄
奴山公民館前
奴山口
同じカテゴリー(宗像)の記事
 西鉄バス停コラボチョコを語る#2 宗像エリア (2017-02-16 15:15)
 西鉄新宮駅前 (2016-06-23 07:07)
 トリアスレストランモール前 (2016-06-21 07:07)
 津屋崎小学校前にスーパー大栄 (2016-05-25 17:17)
 奴山公民館前 (2016-05-23 02:02)
 奴山口 (2016-05-22 17:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(5)宗像
この記事へのコメント
福津市になっても津屋崎という地名が残っているのは嬉しいです。
津屋崎飴とか、津屋崎漁港とかも。。。

そういえば、西鉄電車の宮地嶽線とかも廃止されて久しいです、
昔は良く利用していたのですが、、、
Posted by なかの at 2015年06月13日 05:01
そういえば、実家には津屋崎人形もありました。。

博多人形もありましたが、子供心に少し違うなと思いました・・・

後者は全国的ですが。。津屋崎人形とかは福岡の人でも知らない
人多いと思います
Posted by なかの at 2015年06月13日 21:36
宮地嶽線、廃止当日は新宮駅におりました。
最終電車の直後から剥がされていく線路が、
現実的でない光景に思えたのを記憶しています。

津屋崎人形、可愛らしいですよね。
博多人形は、山笠という定期仕事(笑)があるのが大きいかと。
私にとっては、どちらも知ってはいるものの、
実物に触れる縁のない物なので、違いはありません。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月14日 06:20
そーいえば宮地嶽線の津屋崎人形があるのご存知ですか?
売り物ではなく、記念品として関係者に配られたものだそうですが、
先日九州国立博物館に行ったら、他の津屋崎人形と共に飾られ
でました。
Posted by たつみ at 2015年06月15日 08:59
西鉄電車の津屋崎人形は存じませーん。
まるっこいフォルムを取るのが津屋崎人形の特徴なので、
きっと可愛らしい仕上がりになっていることでしょう。
九博ですか、行く機会がいつあるやら。。。
美学美術史研究室卒なんですけどね。。。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月15日 19:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。