地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年06月09日

宮田


直方方面から走ってくる、赤いバス。



宮田」駅に停車。
さほど遠くない場所に、筑前宮田駅があった過去があるので、
ここを宮田駅と呼んでよいのかどうか。



嬉野とか秋吉とか、元国鉄バスのターミナルは、駅と呼ぶに相応しい場所も多く、
ここも存在感は充分なのですが。



年代物。



いまはもう、窓口もなく。
企業を運営していく中で、人件費労務費が一番の負担となる時代なので、
やむを得ないのですが。



待合室の隅、狭い出入口が、



博多、福丸、福間方面。



博多箱崎あたりでも同じ赤いバスを見るので、
博多から直方までの直通路線が少なくなって、非常に廃れたイメージを持つのですが、
あくまでこのエリアの主体は、福丸までの筑豊エリアの連絡。



あとは、飯塚方面。



直方行き。



山崎や畑、日吉といった枝線は、軒並み行政が走らせる乗合タクシーに。



残ったのは、行政境界を越えて走る幹線部分だけ。



すまいるバス、もやいタクシー、などなど。



ここから中有木まで、あのタクシー車両に乗って、230円で行けると思えば、非常にお得。



桃山方面は、循環線。



けっこう多くの台数が停められるスペースがありますが、



飯塚方面と宮田止めが停まったとしても、そう多く集うことも、今はないのでしょう。




同じカテゴリー(JRバス)の記事画像
団地入口
蒲田団地の夏休み
筑前土井
江辻、JR九州バスの方
直方駅前バスセンター
町営バスセンター前郵便局前
同じカテゴリー(JRバス)の記事
 団地入口 (2017-09-01 18:44)
 蒲田団地の夏休み (2017-08-08 20:12)
 筑前土井 (2017-07-23 19:19)
 江辻、JR九州バスの方 (2017-07-22 16:16)
 直方駅前バスセンター (2016-08-30 17:17)
 町営バスセンター前郵便局前 (2016-07-01 19:37)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(4)JRバス
この記事へのコメント
このバスセンターがある交差点は、あまり人通りがないのに通りゃんせが流れてますよね。
Posted by E52 at 2015年06月09日 21:00
おー、そういう観点がありますか。
確かに信号が青になった時、何か鳴ってたような気がします。
すいません、そっちに注目がいってなくて。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月09日 22:30
桃山線、最初はワゴン車だったのに、プリウス1台で間に合うほど
利用状況悪いんですねぇ・・。
Posted by したっぱ at 2015年06月09日 22:38
桃山線の車両は、私は初めて見たと思います。
前はワゴン車だったんですね。

↑こう言っておいて、ブログの過去記事で載せてたり、
ということが最近続いているので、痴呆が始まったかと、
戦々恐々の私ですが(笑)。

いやあ、備忘録って、役に立つことが多いのですが、
ある意味自分の発言の一貫性がないのがバレで、
怖いところもありますね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月09日 23:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。