地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年06月17日

筑前日吉(郡界橋)


旧バス停が健在なのに、それを更新することなく、フェンス貼りになった、



「筑前日吉」。



JR九州バス時代は、ここが終点だったはずですが、
現在は複乗区間の端になっていて、呑山観音方面の峠の手前、縁山まで行きます。



現在は宮若市と飯塚市の境、
以前は鞍手郡若宮町(旧吉川村)と、穂波郡鎮西町(旧八木山村)の境。
西鉄が八木山からここまで来て、国鉄バスと接続していた時代、
西鉄のバス停は「群界橋」だったそうです。



バスの行かないほう。



今もバスが行き来する方。



岩盤に注意する区間。



滝ができています。



すり減っていますが、群界橋です。




同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
宮若の谷
倉久春日神社循環
宮田の橋
磯光=水町間の狭隘路往復
水町バス停 国鉄宮田線廃止代替
コンビニから河川敷
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 宮若の谷 (2017-06-26 16:16)
 倉久春日神社循環 (2017-06-25 16:16)
 宮田の橋 (2017-06-24 16:16)
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 水町バス停 国鉄宮田線廃止代替 (2017-06-21 16:16)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)筑豊JRバス
この記事へのコメント
JRバス時代に車内放送を録音したい旨を伝えたら、筑前日吉行のテープを
端から端までノンストップで流してもらえたのを思い出しました。
それをしても日吉行きは誰も乗らないという事だったのでしょう。

旧バス停、あともう少ししたら折れてしまうんじゃないかと思うほど
錆だらけですね・・。
Posted by したっぱ at 2015年06月17日 21:52
わたくしも1往復しか乗った記憶がないですが、
誰も乗らなかったと思います。

旧バス停は、もう維持更新を諦めたのでしょうね。
折れてしまったら、アタマの部分だけでなく、
時刻表もフェンスに結ばれるのではないでしょうか。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月20日 12:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。