地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年06月26日

古野(無番専用)


柏原三丁目を循環してきて、



柏原営業所方面に行くバスは、



4月から、新しい「古野」バス停に停まるようになりました。無番専用。



こんだけ。



つまりは、柏原交差点の方面に行くのに、ここで乗り換えたほうが、
次の大城戸まで行って反対方向のバスに乗るより、効率がいいという話かと。
運賃面の違いもあるんですかね。
大城戸乗り換えでもそんなに問題がありそうにも感じないのですが。




同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
桧原営業所の油山臨時
油山牧場も~も~ランド
子ども広場
キャンプ場(油山市民の森)
市民の森入口
油山観音前
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 桧原営業所の油山臨時 (2018-02-03 06:06)
 油山牧場も~も~ランド (2018-02-02 06:06)
 子ども広場 (2018-02-01 06:06)
 キャンプ場(油山市民の森) (2018-01-31 06:06)
 市民の森入口 (2018-01-30 06:06)
 油山観音前 (2018-01-29 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡橙
この記事へのコメント
こんにちは。

「無番専用」って、バス停にもでかでかと表記されてるんですね(笑)。
だったら番号なり愛称なり付けてくれればいいのに…と思ってしまいます。
Posted by soramame at 2015年06月26日 19:50
無番専用が書かれているのは、
西鉄バス路線検索のデータベースを共有して、
そのままの名前で印刷しているからだと思います。

が丘とヶ丘とか、のなのかノなのかとか、
表記のブレを無くすためには有効なのではないかと。
結果、こういう別の懸念点が生じるわけですが。
問題というほどでもないですけど。

行灯型の、ローマ字表記なんかでもそうですけど、
細かい運用にセンスの有無が見え隠れしますよね。
ブログのネタを与えてもらっていると思えば、
だいたいのことは笑って流せるようになります(笑)。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月27日 14:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。