地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年07月11日

原(大野城市)


バス見送り。



「原」。



道、まっすぐ。



エアポケットのようなもの。
都心~郊外の連絡路線でも、たとえば屋形原~柏原とかは「6」しか走らないように、
下大利駅から平野ハイツ、南山手団地への両路線が充実している中、
その間を繋ぐところだけ手薄なのです。牛頸二丁目も似たようなもの。



こちらは、牛頸二丁目と大きく違うのは、明らかに田舎なのです。



微高地に集落が形成されて、間の谷筋は耕作地ばかりで、
その間を行き来する道ができたのは最近、という典型的な地形です。

前原の川原、怡土、長糸なんかも、そういう雰囲気。
曽根は地名の由来そのもので、水が溢れた時に残った唯一の高台です。
そういう、生の地形が感じられる場所、好きです。



タグ :西鉄バス

同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。