地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2008年11月19日

塩原橋


塩原橋。東はJR九州の博多運転区があり、竹下駅からも近いです。西には那珂川の親水公園。
ここ10年ほどでこの付近の那珂川はほんとうにきれいに整備されました。

運転区ってのは、博多から回送されてきた列車の運転手が交代するところですか?
福岡市内近郊の西鉄バスって、乗務員交代がないですよね。
そういう意味でも「ぐりーん」は画期的です。福岡タワー南口で乗務員交代があります。
といっても、普通に運転手が「発車は○○分です」と行って降りて行き、
バス停で待っていた次の運転手が乗ってくるだけですが。

昔は城西営業所(いまはレガネットという西鉄系列のスーパーになっております)で、
「86」は乗務員交代をしてました。



まわりに民家が見当たらないのですが、撮影している間にやってきた「48」や「63」からも降車客があり、
ちゃんと地域の足として活用されていて嬉しいことです。

美野島から清水に向かうのであれば、
パナソニック(元の九松)から新道を通るほうがずっと早いはずですが、
いまだに旧道経由のバスが健在なのは、利用客が多いからなのでしょう。
たしかに周辺人口は美野島南公園のあたりや塩原を考えると「48」のほうが多そうです。

どうせ旧道を通るならば、美野島商店街を縦断する旧道にもバスが走ったら壮観でしょうね。
昔はバス通りだったと地元の方から伺いますが、
とてもバスの行き違いができるような幅はありません。




同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
天神バスターミナルでのハブ乗継
どんたく2017バスパレード
昭和通りから見るどんたく2017
どんたく2017に昭和通を往く
法務局前から赤坂門にかけてのどんたく迂回
すの子簀子簀の子
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 天神バスターミナルでのハブ乗継 (2017-06-29 16:16)
 どんたく2017バスパレード (2017-06-18 06:06)
 昭和通りから見るどんたく2017 (2017-06-17 14:14)
 どんたく2017に昭和通を往く (2017-06-17 06:06)
 法務局前から赤坂門にかけてのどんたく迂回 (2017-06-16 06:06)
 すの子簀子簀の子 (2017-06-03 06:06)

この記事へのコメント
以前、早良街道沿いの営業所が飯倉にしかなかった頃、都心向けの車両が14:00~15:00に営業所内で乗務員交代をしておりました。
現在は高速バスとよのくに号が高速日田ICバス停にて行っております。
Posted by Fuji at 2009年06月17日 12:33
飯倉営業所の時代は、まだ各地で乗務員交代が見られたのでしょうね。
それが福岡市内路線では廃止される方向だったのに、
ぐりーんは敢えて乗務員交代を入れて循環線に再挑戦。
路線としては成功していないようですが、頑張ってほしいです。

日田営業所で杖立路線も日田バスと運転手交代しますね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2009年06月17日 21:14
10年ほど前、杖立から福岡空港までバスに乗りました。60歳は越えていそうな運転手さんでした。
松原ダムの周囲などを巡り(この付近を走る日田バスが寅さんの映画に出てきますね)、日田まで降りてくると、バスセンターで運転手交代でした。
今度の運転手さんは、70歳近いのではないかと思われるおじいさん。きびきびした運転で、高速道路で次々と他車を追い越していきます。車内放送の声も溌剌としていました。
とても印象に残る旅でした。

その昔、「ひのくに号」が、八女インターチェンジバス停で運転手交代を行っていました。八女営業所の担当だったから。
Posted by Tokyo Chikushi at 2015年05月17日 13:20
八女インターの運転士交代、見てみたかったです。

車両とかバス停風景とは違って、
そういう運用とか素敵な運転士さんの運転とか、
残しようがない本当の一期一会なので、
記憶も大事にしていかないといけないと思います。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年05月17日 19:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。