地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年08月02日

茶屋の原


なんでもくぐればいいものでもないですけれども。北九州都市高速。



そのまま道はまっすぐ続きますが、直進の楠橋経由は廃止になって、
この先のカーブミラーのところで右折する系統だけが残っています。



「茶屋の原」。



おくりものにたばこ。
すなわち人間の価値観なんてのは、世論とかで簡単に変わるものであって、
そんなに絶対的に善悪は安定しているわけでもないのだから、
現在の自分を中心にして判断したり、自分の価値観に合わないものを排斥したり、
そういう行為は傲慢で恥ずべきものである、ということを主張したいかというと、
書いてる途中でだいたいは心が萎えます。典型的日本人のつもりです。



馬場山インター下。Inter shita。



1時間に1本のわりに、バスと縁のある場所が、たまに生まれます。




同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。