地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年08月19日

谷口


「谷口」バス停近くにある広告看板、けっこう年代物でしょうか。
ここから有田へ直通路線が、という前に
有田二丁目というバス停が存在していたことはないと思いますが、
とにかくそういう看板。



バス停は立っていないのですが、ここで待てばいいんだろうなぁ、という雰囲気。



向かい側は、ここで誰が待つんだろうなぁ、という雰囲気。
郊外に行けばいくほど、都心へのバス停は大事にされ、
郊外向けは単なる到着位置の目安でしかなくなっていきますが、
たまにそういう一般性に逆らう異端児が現れるのが、この趣味の楽しみ方の一。



椎原・曲渕・早良営業所方面。
どちらに向かえばいいのか戸惑いますよね。



この分岐の形が好きです。右が西神の原、左が椎原です。




同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
正月のバス
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 野方チョコ (2019-02-14 23:58)
 正月のバス (2019-01-31 17:17)
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。