地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年08月24日

東若久


「7」の東若久行き。和田四丁目行きから変わったのは、いつだったか。



終点までの乗客は、私のほかに3名。



この写真は、何を伝えたかったのでしょうか。ポストの存在か、三角の花壇か、
それとも向かいの店なのか。



とにかく久しぶりに来たら、終点の雰囲気が変わっていました。



こんな道路あったっけか?という程度の記憶しかありません。
バスに乗らなくても、車で通る機会のある終点は、変わるとすぐ気付けますが、
私の日常生活の中で、ここに車で来る必要性も縁もまったくありません。



こっちの坂道は、あまり変化なく、私の記憶通り。



バス停。



「東若久」。なんか年代物のバス停みたいになってますが、
そんなに年月が経ってますでしょうか、ここ。



1時間に1本、平日の朝夕だけ2本。
東若久から大橋駅まで10分ほどなので、日祝の17往復ひとりで走っても、
実車時間は8時間に満たないと思いますが、17時間拘束は違法ですし、
昼休憩の時間もないでしょうし、



1台でどのくらい往復するのでしょうか。



この終点からは、「61」のバス通りまで歩くのがスタンダード。
産交バスだったら、この道を抜けてバスが走るかなぁ、と思いつつ歩いてます(笑)。



そして、「若久」からバスに乗ります。




同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
福岡徳洲会病院
桜ヶ丘公民館前
福岡市最東端の西鉄バス停:今里
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 福岡徳洲会病院 (2017-11-16 22:07)
 桜ヶ丘公民館前 (2017-11-16 06:06)
 福岡市最東端の西鉄バス停:今里 (2017-10-18 22:55)
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。