地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年09月16日

緑台公民館前


このブログが濫造粗製であることは、お読みくださっている皆様ご承知と思いますが、
それでも8年も続けようと思うとそれなりに苦労はあるわけです。

あー、ちょんびんのブログみたいなんなら、俺でも書けそうだ、
と思って始めてみたら、けっこう毎日ネタを拾うのが大変だった、
とご理解いただける方もおられるのではないかと存じます。
当方としては、そこをなんとか続けていただきたいわけですが。

励みになるように、少しでもアクセスを増やしたい!とご希望の場合、
バス鉄道関連ならば、ご遠慮なくお申し付けください。
どのような方がお越しくださっているのか分析を怠けておりますが、
いちおう月間4万PV、1万UUである当ブログからリンクさせていただきます。

ちなみにこういう場合、当方がへり下るのであれば、
正しいのは「お申し付けください」であって、
バス乗車券をお買い求めの場合「お申し出ください」となると、
バス会社が偉くて、購入者がお伺いをたてていることになるのですが、
けっこうそういういい方で告知をしている鉄道やバス事業者多いです。
ただの勘違いなのか、乗せてやってる気分なのかは、敢えて分析しますまい(笑)。



さて、当ブログ管理人は普通の雇われ中間管理職でありまして、
行程表にも書いている通り、バスに乗るのは週に1日程度。
その中で1日2回更新×7日で1週間を過ごそうとすると、



訪問したバス停はとりあえずひと通り何らかのコメントを付けて掲載しないと、
ネタ切れを起こすわけであります。そういいつつ、ちょっと気を抜くと、
未掲載の場所が50件くらいすぐたまるので、1日2回更新しているのですが。



こんだけ本数があれば、とりあえず時刻表見なくてもバス停に行ったら、
それなりにバスが来ますよね。
渋滞による遅れが出やすい場所かどうかで、判断も左右されそうですが、
15分間隔の時間あたり4本、ってあたりが、臨界点なんじゃないかと考えます。


二日市駅から来て、ちなみに左の小学校沿い、全部桜の樹。



太宰府高校入口方面へ。



戻ってくるバスは、背景に宝満山、そして右の沿線は全部桜の樹(しつこいw)



太宰府高校と五条駅を結ぶバスは本数が少ないので、
そっちのバス停だけ見ると、この地域の状況を確実に誤解します。



ああ、もうこの住宅地はバスが機能していなくて、
みんな車で移動しちゃうんだねぇ、という誤った感慨のもと、現地を去ることに。
恐らくこのブログのうち何割かも、そういう地域の現状とはかけ離れた、
とんちんかんなことを書いていること間違いなしなのすが、
一見のストレンジャーが、そういう感想を持つことも有りうるのだ、
というケーススタディたど思って暖かく吊るしあげて(笑)いただけると幸いです。

以上、「緑台公民館前」でございました。




同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:06│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。