地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年09月23日

佐賀第二合同庁舎


バスいろいろ。



久留米への各停よりも、ここのメインは高速バスですかねー。



弘学館のバス。佐賀早稲田の存在は、どう影響しているのやら。



吉野ヶ里経由も、あまり注目することがないのですが、まだ健在。



毎日1本だけですけどね。



開け放たれた扉の向こうは、何か神秘的に見えます。



終点に辿り着いたバス。運転士さんお疲れさまでした。
最後にカメラを向けられる羽目になりまして、申し訳ありません。



出発するバス。



わかくす号。



空港行きも。



すれ違ったりもします。
中央線が引かれて、お互いに充分な道幅がある場合は、
離合って言わない気がしますが、どうでしょう。



並ぶバス。




同じカテゴリー(佐賀)の記事画像
目達原
田中
西鉄味坂駅前
佐賀駅バスセンター
再片田江
希みが丘第二
同じカテゴリー(佐賀)の記事
 目達原 (2016-11-11 11:11)
 田中 (2015-10-10 17:17)
 西鉄味坂駅前 (2015-09-29 17:17)
 佐賀駅バスセンター (2015-09-24 07:07)
 再片田江 (2015-09-22 07:07)
 希みが丘第二 (2012-07-14 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(6)佐賀
この記事へのコメント
おはようございます(^o^)
ラジオのバス特集は少々物足りなかったです。ご報告まで(笑)


弘学館のスクールバスは高速タイプなのに東明館のスクールバスは一般タイプなんですよね。この差は何でしょう?(笑)

ちなみに所属はどちらも鳥栖支社ですf(^_^;


弘学館のスクールバスは昼間たまにすれ違うのですが、下校時間前に鳥栖を出て佐賀で時間調整をしているようですね。


余談ですが、バス・トラック同士の行き交いは、ドライバー用語ではスライドと言っております(^o^)
Posted by 暇工作 at 2015年09月23日 10:40
こんにちは。
私も2時間ほど聞く機会を得ましたが、
内容的には、まあこんなもんか、という物足りなさはありますね。
どのくらいの興味をお持ちの方に向けるか、というのは、
趣味分野の特集では常に難しい問題だと思います。

弘学館のスクールバスも鳥栖所属なんですね。
ここで見ることは初めてでないのに、鳥栖で見た覚えがありません。
早稲田佐賀ができて、佐賀の私立はどうなっていくでしょうか。
ツマは元東明館の教諭なので、興味を持って見ています。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年09月23日 15:26
ちなみに私が最近見た弘学館のバスは、型がもう1つ新しく、横の車体に弘学館と書いてありましたので、ちょんびんさん撮影のものとは違います。しっかり○鳥が入ってます。果たして専用が2台あるのか入れ替えになったのかは不明ですf(^_^;




奥様は東明館の先生だったんですね。東明館を立ち上げた人の中に、私の小学校の恩師の旦那さんがいらっしゃいました。旦那さんも小学校の先生でした。
ついでにうちの近所には東明館高等部の卒業生がいますf(^_^;。
Posted by 暇工作 at 2015年09月23日 15:47
この記事の写真でない、弘学館のバス、私も見ました。
HPを見てみると、スクールバスは2系統で、
佐賀ルートと久留米ルートがあるようなので、
その車両の違い、ということにしておきたいと思います。
間違っていることに気付いたら、その時に修正して謝罪します(笑)。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年09月25日 09:47
偶然ですが、私は昨日の夕暮れに『道瀬橋』を通る実車のスクールバスを見ました(^o^)
今は橋の架け替えで通りにくそうです。

長門石橋も来月から8か月かけて補修工事が始まるので、鳥栖帰社が遅くなるでしょう。

佐賀ルートは○佐、久留米ルートは○鳥なのでしょうね。
Posted by 暇工作 at 2015年09月25日 15:02
橋の架け替えが連続するということは、
あの道路に一括で予算がついたということですよね。

工事区間を避けて、迂回でもしてくれたほうが、
私としてはそそられるのですが、そんな個人の都合など、
勘案される可能性もなく(笑)。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年10月03日 08:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。