地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年09月25日

2015年10月1日改正昭和バス三瀬三反田経由廃止


小学校1年生だった36年前、原から古湯温泉までバスに乗ったのが、
私のバス旅行の原点でありますので、263号線を通るバスには特別な思い入れが。

そんな中、以前は福岡から三瀬峠を越えて佐賀までを繋ぐルートだった、
三瀬から三反田経由の佐賀辻の堂行きが、9月30日で廃止となります。

国道263号線は、至る所で道路改良が行われ、
早良区から佐賀市内中心部まで快適に走ることができますが、
昭和バスは一部古道~井手では旧道の集落を通り、
昭和時代の雰囲気を偲ぶことが可能です。



廃止までに各バス停の記事は掲載できそうにないので、
先に廃止の情報だけ掲載させていただきます。
あと数日ですが、時間のある方は、ぜひ一度。※平日しか走りません。




同じカテゴリー(ダイヤ改正)の記事画像
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関で「25」を惜しむ
草村廃止
八郎町増加
同じカテゴリー(ダイヤ改正)の記事
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)
 草村廃止 (2018-01-07 06:06)
 八郎町増加 (2018-01-05 06:06)

この記事へのコメント
私自身、平日休みがないので乗る機会はもうなさそうです。
5連休に三反田線沿線を車でめぐってきました。

代替の三瀬支所~柚の木~富士大和温泉病院のバスは、
平日は4.5往復(うち3.5往復は、昭和バスの古湯線と接続:現行のダイヤを参照。)佐賀駅20時08分発の昭和バスの古湯行き最終と接続とはびっくりしましたが…(佐賀駅20時08分→尼寺20時28分→富士大和温泉病院20時42分着:20時45分発→三瀬支所21時05分着)。土日も2~3往復走る模様なので、
住民の実用性としては高まるのかなぁと。

大和町尼寺・富士大和温泉病院と松梅地区地区を結ぶデマンドタクシーも、三反田線廃止に伴い1往復増とのことなので、

佐賀駅~大和~三反田~三瀬を直通で結んでいた昭和バスがなくなることと、三瀬どんぐり村バス停が完全になくなるという事実を除けば、あまり変わらないのかなぁと。
趣味で、バスにのるような私にとってはとても残念なのですが。
Posted by SJK at 2015年09月26日 17:39
我が家から車で1時間圏内ということもあり、
最終日も三瀬車庫と井手の上で見送ることができました。

高校生と小学生が数人乗っていましたので、
次の日からは、それぞれに代替交通を使うのでしょう。
ほんと、必要とされてこその公共交通なので、
最初から乗る人が限定されているのであれば、
その人たちだけに特別なものを設定すればよいことです。

最終が遅くなるのは、いざというときによさそうですね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年10月03日 08:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。