地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年01月10日

坪見


坪見。
折返場で折り返すものもあるのですが、「74」は篠栗管轄なので、
そのまま回送で日の浦口まで往復するものがあります。
「黒の前」までとは言わないまでも、大川農協あたりからは客扱いすればいいのに。
そんなに利用者がいないですかね?

「74」はほかの路線と重複することなく旧道を走る素敵な路線で、
性格的には「46」と似たところがあると思うんですが、「46」に比べると衰退している印象です。



郊外方向にもブロック積みの待合所があり、粕屋町のコミュニティバスも発着します。



都心方向は折返場と待合所、立派な桜の木。



すこし上脇田方向に、毛田池公園という立派な親水公園があります。高圧電線が玉に瑕。



おまけ:毛田池公園のそばで見つけた看板。
仙涯和尚の書に由来する?禅の境地の社名。さてなんと読む。正解はわかりませ~ん。




同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
東卸団地
多の津
イオンモール福岡ルクル
イオンモール福岡
舞松原のマイナーな方
二又瀬
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 東卸団地 (2017-09-12 06:06)
 多の津 (2017-08-03 19:00)
 イオンモール福岡ルクル (2017-07-27 06:06)
 イオンモール福岡 (2017-07-25 23:31)
 舞松原のマイナーな方 (2017-07-20 17:17)
 二又瀬 (2017-07-11 06:06)

Posted by ちょんびん at 20:58│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。