地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年11月01日

富野小学校前


トンネルを掘るほど高低差があるようにも感じないのですが、
地下道というほど下ってまた上るわけでもなく。



バス停は、「冨野小学校前」。
都市高速で恒見方面と門司港方面に行くので、隣接が多様。



バス乗り場と、都市高速のランプ。距離関係。



けっこう、違うところに行けますよ。
「170」と「175」の違いも、この都市高速経由の方が、
桟橋通りを通るか通らないかという大きなポイントがありますので、顕著。



この鳥居も潜ってくれるなら、もうすこしバスを待ちますけどね。



大谷池方向から。



なんか、よい雰囲気の街です。
真下に新幹線が走ってる驚きは、大蔵と一緒




同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)北九州
この記事へのコメント
北九州道路が最初にできたときに、関門トンネル車道口から富野口まで一貫して整備したみたいで、まだここの道が今よりもずっと格が上だった頃の名残が地下道やらガードレールに出ていて素晴らしい空間ですね!このガードレールは、門司に行く途中の都市高速でも随所に見られたような覚えが。
Posted by ハンズマン at 2015年11月01日 13:43
現存する状態はひとつですので、見ているものは同じでも、
それまでの経緯をどれだけ知っているかで、
湧きあがる想いの質も違うのだと思います。

このブログでは、そこまでは伝えられませんが、
存在したこと自体は、すこし残せるのかかな、と。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年11月03日 08:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。