地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年11月13日

和田


この大きな木は、前回に引き続き、バス撮影はお預け。



古い町並みは、どこからが造られたもので、どこまでが遺っていたものなのか、
それを見分ける目も持たぬので、いまひとつ価値を感じ切れず。
バス停とその周辺の設備なら、従来品か復刻か、すぐわかるものも多いのに。



このカドをバスが曲がってくることに、どれだけの価値があるのか、
あらためて問われると自信がなくなる私は、所詮その程度の人間(笑)。



お、バスが新仕様。枠で囲う、表現のしづらい形。



「和田」。松橋三角途中松合集落の中、大型も通ります。



三角の中には循環系統もありますが、



基本的には、三角産交と松橋産交の往復1系統。



たまに、集落の中を通らないこともあります。朝市とか、災害とか。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
高尾野入口
波居原鬼渕
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)
 高尾野入口 (2018-12-24 21:30)
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。