地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年01月31日

桧原営業所


桧原営業所待合所には、大きな時刻表があります。
発着する系統の多さは、福岡都市圏の営業所でも多いほうだと思います。
桧原を代表する番号といえば、「13」ですかね?それとも「51」?

壱岐であれば、やはり「1」ですかね?原に住んでいる者としては、壱岐は「204」のイメージです。
「1」は姪浜ですよね。営業所はないですけど。
姪浜~野方は「7」だった時代のほうがよく乗ってましたし。
金武は「2」、早良は「3」、片江は「14」(笑)。那珂川は「62」、土井は「72」?
けっこう意見がわかれますかね。世代間格差もありそうな。



桧原営業所を東西に通り過ぎるのは、「61」と「6」
かえすがえすも「60」が無くなったのが惜しいです。
西鉄が郊外の横連携を放棄した瞬間だと思います。



西行きは待合所の前から。福大病院までは30分スパンです。



東側降車場。広いバスカットの敷地が取られています。



桧原営業所周辺は、これからも大きくその雰囲気を変えることなく存在するような、
そんな感覚になります。きっと10年もしてこの写真を見直すと、
その違いに愕然、もしくは苦笑するのでしょうけど。


同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
長住四丁目を淡々と
外環2運行開始と初乗車
油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始
国立福岡病院 「66」乗り入れ開始
神田町 主に若久団地を注目して
若久団地第一 新設路線の起点
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 長住四丁目を淡々と (2017-04-22 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始 (2017-04-09 06:06)
 国立福岡病院 「66」乗り入れ開始 (2017-04-07 00:02)
 神田町 主に若久団地を注目して (2017-03-31 06:06)
 若久団地第一 新設路線の起点 (2017-03-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 15:29│Comments(0)福岡橙
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。