地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年11月25日

弓削変電所


バス停は、シンプルに。「弓削変電所前」。



土日も5往復ある路線でしたが、今月限り。



変電所の入口、門の前でバスを待ちます。



狭くてカーブする道。



熊本側は、まっすぐな道の先に、国道57号バイパスの高架橋



高架橋の上からバスを眺めるのも、これで最後。



菊陽側、白川沿いの狭隘路が、この路線「子9」のハイライト。



この道路が掘削されて、洞窟が発見されたのは明治期のことだそう。
ということは、丘の上の豊後街道が先にあって、
この旧道感いっぱいの道のほうが新しい??と考えたのですが、
阿蘇への街道としては江戸以前から川沿いの細道があって、
それを自動車も通れるように拡張したのが明治ということかと。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 17:09│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。