地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年12月01日

市原本町


旧道の交差点、肥後銀行。



そのまま、小国方面へ、昭和の本通り。



もとは、食堂か何か。



肥後銀行の駐車場。



室原病院の駐車場も協友。



「市原本町」。すなわち中心部。産交観光時代のバス停。



裏は書き換えられていますが、バスは手書き。
運行母体が本体なのか子会社なのか自治体の借り上げなのか、
利用者にとってはあまり問題ではなく、
とにかくいくらでどこまで運んでくれて、何便あるかが大事。




阿蘇と杖立を繋いでいます。長距離です。黄川は無くなりました。



本数は、こんなもん。



室原病院。ほんとに医院じゃなくて病院なんですかね。
だとしたら、すごいですね。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
草部北部農協前
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 草部北部農協前 (2019-01-19 17:17)
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)

Posted by ちょんびん at 19:44│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。