地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2015年12月03日

下り戸


満願寺から星和への、もともとのバス通り。



待合は最近のもののようですが、バス停はすでに産交ではなく、



南小国町の乗合タクシー。「下り戸」。



朝と昼に1本ずつ。



通りから見ると、奥にどのくらいの民家があるのかもわかりません。
バスがひとつ北側の谷筋を選択したのも、まあ仕方ないのかな、と感じます。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
川口二丁
水平社、主に食堂、そしてエスカレーター
上から水俣産交
君ヶ淵駐車場
三江湖と鼠蔵町
南平和町
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 川口二丁 (2018-09-22 07:07)
 水平社、主に食堂、そしてエスカレーター (2018-09-21 07:07)
 上から水俣産交 (2018-09-20 07:07)
 君ヶ淵駐車場 (2018-09-19 07:07)
 三江湖と鼠蔵町 (2018-09-18 07:07)
 南平和町 (2018-09-17 07:07)

Posted by ちょんびん at 20:10│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。