地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年01月20日

東新町


向こうにゆめタウン。



福岡からの高速バスも停車。
福岡と書くと天神からぽいですが、大牟田までは西鉄電車の方が安くて速いので、
あくまで空港需要の路線です。
私自身は、これだけバス好きを標榜していながら、
きっと大牟田から空港に行く際でも、電車と地下鉄を乗り継ぐと思います。



吉野循環が一方向だけになり、テクノパーク行きが消え、
時間が過ぎていくのに設備が止まったままなのは、斜陽産業を象徴するかのよう。



とはいえ、この本数は、まだまだバスが生きているといえます。



屋根は、撤去されてしまいました。



新大牟田駅と大牟田市街の区間でも、空港バスに乗れるようになりました。

前にも書いたことがありますが、大牟田駅近辺から新幹線に乗ろうとしたら、
JRで筑後船小屋とか、いっそ久留米や博多まで出たほうが効率が良い気がするのです。

大牟田の都市規模からいって、新幹線の駅ができたのは妥当だと思うのですが、
世界遺産観光への活用も含めて、どう使うのがよいのか、よくわかりません。



だるまホルモンは美味しいです。





同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
荒尾駅前のバス
荒尾駅前
西原
大牟田駅西口
帝京大学福岡キャンパス
石炭産業科学館
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 荒尾駅前のバス (2016-05-23 23:23)
 荒尾駅前 (2016-05-23 19:19)
 西原 (2016-05-21 17:17)
 大牟田駅西口 (2016-05-20 17:17)
 帝京大学福岡キャンパス (2016-05-19 21:08)
 石炭産業科学館 (2016-05-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)大牟田
この記事へのコメント
だるまホルモンはうまいですね。

建物はいい味出してますが、なぜかフローリングで床がツルツルしてます。


たしかこのすぐ裏手にボーリング場があり、また近くに便所ラーメンがありました。繁栄していた証しでしょうね。
Posted by 暇工作 at 2016年01月20日 09:40
あー便所ラーメンこの近くなんですねー。
今よりも賑わっていた名残のある街は、ちと寂しいですねー。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年01月21日 19:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。