地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年01月23日

湯坪


道路から奥まったところに待合、バス停、年末撮影なので門松。



「湯坪」日田バス。



豊後中村=長者原は一時期に比べて本数が増えたのですが、
筋湯温泉を経由しない系統もあって、こっちは平日5往復。
あと飯田小学校までの通学用が1便。



うーん、ここもいつまで日田バスが走りますやら。



飯田方面。



橋を渡るバス。よい雰囲気の場所なのですが。





同じカテゴリー(日田バス)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
日田バス杷木
九重インターチェンジ
くじゅう登山口
飯田小学校前から千町無田循環
同じカテゴリー(日田バス)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 日田バス杷木 (2016-12-12 18:46)
 九重インターチェンジ (2016-10-20 18:29)
 くじゅう登山口 (2016-10-19 17:17)
 飯田小学校前から千町無田循環 (2016-10-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)日田バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。