地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年01月24日

面高


終点に、急行色。



折り返して、



無人に。



佐世保まで、思いのほか、近いんですよ。



さいかい交通のバスで西海橋まで行って、
そっから西肥バスで佐世保市内になんて、とても選択肢に上がらないほどに。



船着き場。



バス停っていうのも、本当にバスが来るのか、
信頼関係で成り立っているわけで、たまにそれは裏切られることもあるわけですが、
船もまた、私にとっては身近でない分、設備が貧弱だと余計に不安になります。



バスと船との連携は見当たりません。実際そんな需要もなさそうで。



旧い重厚な造り。



隣が新館。



路線図。ちょいと年代物。
アクリルに印刷してあるのは、予算があったからか、
永く同じ状態が続くという幻想があったからか。


「面高」。



港町の路地は、どこも素敵ですが、ここは特に。





同じカテゴリー(さいかい交通)の記事画像
黒瀬農協前
第二桟橋
大島営業所2015
製塩所前
蠣ノ浦
福浦
同じカテゴリー(さいかい交通)の記事
 黒瀬農協前 (2016-02-07 17:17)
 第二桟橋 (2016-02-06 17:17)
 大島営業所2015 (2016-02-05 16:19)
 製塩所前 (2016-02-04 17:17)
 蠣ノ浦 (2016-02-03 17:17)
 福浦 (2016-02-02 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。