地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年01月29日

一の瀬


「一の瀬」。星明子風。世代がバレる、というか私ですらリアルタイムではありません。



原と浮羽大橋。



7往復と5往復。



路線図と運賃。
運賃表は、一覧で表示されるようになってから、
作成者の手間は格段に軽減されたとは思いますが、
機能性も情緒も失われました。



田舎道。



橋の下に向かって走ってくれた方が、萌えそうですが、右折。



一の瀬焼。



でも、この眺めは好きです。
筑後川が育てた平野が、はるか向こうに見えて、
両側でたわわに実るは柿。





同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:48│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。