地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年02月07日

女子尾(おなごの)


鉄板制の旧仕様時刻表。



里山バスの塗装が剥げて、西鉄に戻った「女子尾」バス停。



廃止から何年経ったんだか、という昔のものですが、まだ現存放置です。

こういうの載せると撤去されることもあるのですが、
使われないまま放っておかれるのと、どっちがよいのかわかりません。
誰にも注目されないまま、そこにあるくらいなら、
多少非合法な手段であったとしても、大事にしてくれる人の手元に、とも思います。

そう考えれば、樋桶山登山口山浦農協なんて、
その気になれば、すぐに持ち帰れそうですが、
誰もそんな気すら起こさないわけで。



公民館の片隅に、



あ、女子尾公民館です。



ごみ箱と現在のバス停。



小塩地区、のりあいタクシー。



西鉄時代と違って、牧の草まで複乗するようになっています。



もう、西鉄は来ないでしょうねぇ。





同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。