地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年02月11日

彼坪(かなつぼ)


社会実験による期間限定の路線新設によって、一時的に復活したバス停。
向かって右側、工場の並木の端が、大刀洗町と久留米市北野町の境界。
こちら側が久留米市です。



かといって、以前とバス停の位置がどう変わったかまでは、覚えていませんが。



「彼坪」。紙貼りの下は笹尾
消えゆくものがあれば、新しく生まれるものもあって、
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。



ゆめタウン久留米D&D大刀洗、ふたつの商業施設を、6往復結んでいます。




同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。