地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年02月26日

尼潟


「尼潟」。



大岳台方面へのバス、佐世保駅などでもっとたくさん見るイメージなのですが、
時刻表化してみるとこんなもんか、と。



これにはからくりがありまして、佐世保駅から大岳台だと、
こちら尼潟経由と桜馬場経由があり、どちらも循環系統が多くて、
尼→桜、桜→尼と回るので、実質本数に比べて、
片側時刻表に掲載されるのが半分になる、という。



かといって、ここから写真方向の佐世保中心地方面に向かわず、
黒髪の近くまで回って市街地に向かうのが、精神的情緒的に、
どのくらい抵抗なく選択できるものやら、という疑問はあります。



九州のバス時刻表http://qbus.jp/time/で検索してみたところ、
桜馬場回りが27分で360円、直行は17分で290円なので、
待つ環境が暑かったり寒かったり風が強かったりした場合、
先に来たバスを選択する方が、自然で現実的で合理的なようです。



これがまた、このトンネルを通過する、とかいう話であれば、また選択が違ってきます。



港町、といっていいのでしょうかね。うーん、魚の匂いがしません。猫もいません。



バスを待つ間、そんなことを考えています。変態のつもりです。





同じカテゴリー(佐世保市営バス)の記事画像
俵ヶ浦2018夏
佐世保白浜海水浴場2018
俵ヶ浦
赤崎団地
第4ドック前
佐世保実業高校
同じカテゴリー(佐世保市営バス)の記事
 俵ヶ浦2018夏 (2018-08-05 07:07)
 佐世保白浜海水浴場2018 (2018-08-04 21:53)
 佐世保バスあるき (2018-04-29 23:58)
 松浦鉄道30周年に佐世保バスあるきのようなもの (2018-03-04 22:09)
 俵ヶ浦 (2017-12-29 21:26)
 赤崎団地 (2017-12-29 21:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。