地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年03月08日

壱岐石田内海


放浪癖があります。
性格的には面倒くさがりなので、
休みの日に一日中部屋でゴロゴロしていても平気なのですが、
毎週繰り返すと、きっとどこかに行きたくてたまらなくなるでしょう。

現状では、そういうストレスがたまる前に、どこか出かけるので、
次はどこに行きたいのか、と自分の心に問いかけることがカタルシスとなり、
なんとなく平穏に生きています。

子どもの部活大会で壱岐を訪問し、試合が行われている合間に、
ちょいと1時間ほど観戦を抜け出して、山崎のバス停を観察。
そちらは翌日にバスに乗って再訪問したので、後日別に掲載するとして、
ここからは、山崎~筒城浜を歩いた景色でも。



海に向かって延びるレールは素敵です。大浦港もご覧ください。



大浦は天草五橋ができる前に、天草下島と九州本土との連絡点であり、
島の出入り口として繁栄した栄華の跡が見え隠れするのですが、
この辺の最盛期は、いつ頃でしょうか。

地元の方に伺ったところでは、勝本の現状の船が300艘くらいだけれども、
以前は800とか900とか登録があって、
北海道まで漁に大きな船で出ていた時代があり、
当時は高卒で船に乗りたての人たちが、月50万も60万稼いでいた時代だとか。

海ってつながっているので、遠洋に出る場合は特に、
なぜその港から出発しなければならないのか、がよくわからず、
消費地との関係を考えると、離島は物資運搬も面倒ですし、
優位性がどこにあるのか、私にはわかりません。

話が逸れました。山崎の最盛期の話でしたね。



海が見える高台に、少しだけ平坦部分があったら、そこを耕作地にする。
人は理屈で考えるよりずっと、自分の今いる場所から離れられない生き物なのかも。



美しい浜は、イルカの慰霊碑の立つ、塩津浜
リンク記事上にも、漂着物が多い、と書かれているように、
日本のものでないゴミが浜にたくさん打ち上げられていて、
地元の方が、海水浴シーズンへの準備でしょうか、ごみ拾いをされていました。

筒城方面へ向かう切通しは、地層がくっきり見えています。



ということで、海水浴シーズンだけ筒城浜バス停が設置される駐車場へ。
あまごころのバスがいたので撮影して、バスブログの体裁を整えます。



乗車距離からすると、壱岐交通のうち8割くらいは既に乗っているのですが、
通学路線をケアすることを考えると、いったいあと何回渡って来れば、
完乗を宣言することができるのでしょうか。ちょっと燃えます。





同じカテゴリー(壱岐交通)の記事画像
福川
山崎
漁協前
勝本入口
夕部
筒城入口
同じカテゴリー(壱岐交通)の記事
 福川 (2016-03-12 17:17)
 山崎 (2016-03-11 17:17)
 漁協前 (2016-03-10 17:17)
 勝本入口 (2016-03-09 17:17)
 夕部 (2016-03-07 17:17)
 筒城入口 (2016-03-06 12:12)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)壱岐交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。