地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年03月09日

道の駅鹿北


平山温泉行の時間に偶然福島に行ったので、



思い付きで1000円課金。



リエッセに乗って、



「鹿北道の駅」。
バスがこっち向いていることからおわかりいただけるように、
山鹿側の入口から入って、バス停側に乗降口が向くように停まります。

平山温泉行きに乗るのは3度目のはずなのですが、
この停まり方に初めて反応するということは、
前2回は降車客がいなかったため、そのまま国道を通過してしまったということでしょう。

産交との絡みで、ここから平山温泉方面に乗ることはできないので、
降りる人がいないと停まる必要がないバス停です。



平山温泉行きをお見送り。



ふたつ並ぶバス停。
産交は「鹿北道の駅」、堀川は「道の駅鹿北」。
これも見るのは初めてでないのですけれど、
今回撮った時も気づいていなくて、今。



午前便でやってきて、昼飯たべて、13時過ぎまで待つのは、ちと退屈か。



道の駅にバスで来ようとする設定に無理があるのです。
あくまでここは、転回のための終点と考えるべきか。



山鹿まで、分岐も何もない路線図。



3号線の県境にあるので、車で通るときはよく食事をするのですが、
バスで来たときは僅かな時間で折り返すので、
食べ物の写真がないのを反省。
少しこのブログのコンセプトを変えることを検討模索中です。




同じカテゴリー(堀川バス)の記事画像
三川の回送
堀川八女上陽飯塚 お茶どころ
黒木大藤前
平橋
柴庵2016
日向神
同じカテゴリー(堀川バス)の記事
 三川の回送 (2017-06-15 06:06)
 堀川八女上陽飯塚 お茶どころ (2017-04-19 16:16)
 黒木大藤前 (2016-05-26 17:17)
 平橋 (2016-05-12 07:07)
 柴庵2016 (2016-05-11 07:07)
 日向神 (2016-05-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。