地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年03月16日

熊本交通センター(仮)


ここのところ文字数の多い記事ばかりなので、きょうはざーっと。山鹿から。



取り壊される前の交通センター。



待機整列。そして過剰なまでの誘導員。



高速バスいろいろ。



多色整列。四字熟語みたいでしょ。



百花繚乱、というほど艶やかでも艶やかでもなく。
あでやかでもつややかでも、と読んでくださいw 
おとなげないだいにんき、みたいなもんです。たわごとざれごと、でも同じ。



南関上町直行。LED切れ。



熊本市内路線は、まだ把握していないところが各地にあるのですが、
全てを知ってしまいたくない、という気持ちも多分に。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
岳の湯2017
戸井の口
中原南小国
湯田南小国
千反
八代駅前
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 岳の湯2017 (2018-10-12 17:17)
 戸井の口 (2018-10-11 17:17)
 中原南小国 (2018-10-04 17:17)
 湯田南小国 (2018-10-03 17:17)
 千反 (2018-10-02 17:17)
 八代駅前 (2018-10-01 17:17)

この記事へのコメント
たいへんごぶさたしております。東京のせいやまでございます。3.22~25再び九州に行ってまいりました。管理人さんよりいろいろアドバイスをいただいた中から今回は天草、内大臣入口、そして長崎から北九州を周るルートを作成。ご推薦の路線には出来るだけ乗りまくる計画を立てた結果、期待に違わぬ実に楽しい4日間を過ごすことが出来ました。行程は下記の通りです、
3/22 1日目(わくわく1dayパス県内版使用) 
熊本交通C→松橋産交→三角産交→さんぱーる→(瀬高・樋合経由)松島→(大迫・浦経由)本渡→手野→本渡→鶴野々→本渡
3/23 2日目(以下SUNQパス北部九州版使用) 
本渡→(碇石経由)一町田中央→イオン前→下田温泉→(高浜経由)一町田中央→下平→牛深市民病院→(魚貫経由)早浦橋→本渡→産交車庫前→(超快速あまくさ)熊本駅→天神高速BT
3/24 3日目
西鉄Gホテル前→博多駅前BT→熊本交通C→(内大臣入口経由)浜町→(徒歩)通潤山荘→(御船経由)熊本交通C→長崎駅前TM
3/24 4日目
長崎駅前→桜の里TM→板の浦→(面高経由)西海橋東口→卸本町入口→天神高速BT→小倉駅→若松南海岸通→(徒歩)若松渡場→(若戸航路)戸畑渡場→八幡製鉄総合センター→(西鉄北九州バス42)黒崎BC→(エアポートバス)北九州空港
それぞれの日の内容は順次お伝えしたいと存じますのでよろしくお願い申し上げます。
Posted by せいやま at 2016年04月01日 22:43
4日間お疲れさまでした。いいとこ回られてますねぇ。
そして自身が、この行程区間を一通り乗ったことあるのも驚きです。
それほど顕著なマニアではないつもりなのですが、
どうやら自覚がないだけのようで。

長崎から面高佐世保経由で、
北九に移動してもこれだけ楽しめるのですね。
個人的には、天草に行きたくなりました。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年04月02日 18:49
つい先日お世話になったばかりですがそれから半月後にあの熊本が大震災に見舞われていることに大変心が痛みます。最初の地震から一週間、当初益城地区の被害がひどいようでしたがその後の余震も絶え間なく続き、後で起きた震度7が本震という報道です。被害は拡大し阿蘇や大分県にまで及んでおります。5年前の東日本大震災を経験しましたがあの時の避難者は50万人とも言われましたが東日本大震災は東北一円、茨城、千葉の関東地域までの広範囲にわたるものでした。今回は熊本を中心とした局地的ともいえる範囲でありながら、10万人を越える避難者の数ですから被害の甚大さを感じされられます。5年前も(今も)福島産の果物や米などあると積極的に買ってまいりました。私自身はこのような形しかできませんが熊本を応援したいと思っております。地震が終息し一日も早い復興を願ってやみません。こちらに書き込むことも悩みましたがやはりこのブログを通じて熊本を訪れることが出来、有意義な時を過ごせ、さらに熊本の皆さんに大変お世話になったことを思い書かせていただきました。大変失礼致しました。がんばろ~熊本!
Posted by せいやま at 2016年04月21日 22:13
今回は、余震が多いのが難点かと思います。
また揺れるかも、その時に住居がもたないかも、
そういう懸念があるので、車の中で泊まる人が多いようで。
何ができるのか、常に考えています。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年04月24日 21:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。