地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年03月17日

駅南二丁目と博多消防署前の間、JR高架下


「博多消防署前」バス停廃止のお知らせ。
「46」番のバスは、JR高架下を通る際、一般車との離合において大変危険な状況でございますので、
平成28年3月26日(土)のダイヤ改正をもちまいて、全便、運行経路の変更を行います。



確かに、バスが通るには狭くて暗い道でしたので、納得の理由ではあります。
そういうところを走るのが好きである、という偏執ではありますが、
あまり嘆かぬことに致しましょう。



このサイズ感を見れば、確かに経路変更も納得。



信号待機。



博多消防署側は、高架を通過してすぐにナナメ交差点、という走りづらい構造でした。

地図を眺めるとわかるのですが、人参公園→博多消防署前の道をまっすぐ伸ばすと、
宮島交差点につながります。もともとの旧道は、そういう経路でした。
博多駅の移転と線路の移動に伴って区画整理が行われ、今は道の跡も探せませんが。

ですので、この交差点自体が、構造に多少の問題があるのです。
ほぼ直線だった道を、線路のせいで無理やり曲げているので。



でも、せっかく線路下を通るので、鉄道車両とバスが一緒に写らないかなぁと。



小一時間滞在していたのですが、タイミング合わず。



駅南二丁目側は、麻生ビジネス専門学校の間を走ります。
オープンキャンパスが行われていて、周辺を歩く人たちの平均年齢が若いこと若いこと。



誰も、バスがここを走っているからといって、特段の注目はしてくれないのですがね。



麻生ビジネス専門学校さんにスポンサードしていただけるよう、ブログ頑張りますw






同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。