地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年03月20日

博多徘徊


撮影は3/16、これを書いているのは3/18です。
通勤途上に牧のうどんが2軒あるので、あまり博多駅オープンの有難味を感じませんが、
そう言われれば都心部にはないんですね、キャナル撤退以降。
初日の様子がツイッターで流れてきましたが、おやつタイムになっても行列できてました。



で、16日訪問時点では開いてないので、ソウルフードのひとつ、ふきやへ。



このお好み焼きは、ふきやという特定の食べ物です。
この前にやおきのシュークリームも食べてるので、特大を頼むのは見送り。



券売機、タッチパネル式。時代が進んでいます。



バスは自家用車よりは大量の人を運べますが、鉄道に比べると劣るのは言うまでもなく、
渋滞に巻き込まれるのも、利用の難しいところ。

博多=福岡空港国際線=太宰府の路線、利用は非常に好調のようですが、
予想以上に乗客が増えても、運転士の不足とか様々な要因で、
すぐに本数を増やせないのがツライですなぁ。

乗車券ご購入の際は、片道分の購入をお願い申し上げます。残念。





同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

この記事へのコメント
牧のうどん、懐かしいです。
言われてみれば確かに都心にはありませんね、、、
天神あたりにあったらとても喜ばれるとおもいます。

まだ、テーブルの上に出汁がはいったやかんがあるのでしょうか?

現在大阪在住で、年に一度は讃岐うどんツアーにいきますが
福岡のうどんが一番好きです。
Posted by なかの at 2016年03月26日 08:35
あいかわらずやかんは健在です。
というか、水でしめていない麺は、
気を抜くとすぐに汁を際限なく吸うので、
出汁補充ができないと、ひどいことになりますw

出汁は前原の工場で一括して製造し、
各店舗に配送するシステムなので、
工場からの規定所要時間に収まるところまでしか、
遠隔地に出店できない、という話を聞いたことがあります。

都心部に店をあまり出さないのは、
大量の液体を配達するコスト面が、
一因になっているのかもしれませんね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年03月27日 12:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。