地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2009年02月13日

六本松二丁目


福岡市内の西の集約点、六本松に程近いわりにバスの停まらない、六本松二丁目です。
停車するのは六本松を通らない「96」のみ。

以前にも書きましたが、30年ほど前、まだわたしが幼稚園児の頃、
藤崎から「11」で長住六丁目にバスで行きました。
そのバスに乗ってみたいと思ったのが、路線図のこの「六本松二丁目」部分が、
たくさんのバスが通る六本松の脇に外れていて、印象的だったからなんです。
当時住んでいた家の最寄バス停は「室見橋」で、
「1」「7」「10」などはみんな天神や博多駅という都心方面に行くのに、
この「11」だけは、長住という、どこなんだかわからないところ(失礼)に行くのも興味がありましたが。
わたくしの病気も年季が入っております。当時は油山観光道路もありませんでした。
この路線が「11」という若い番号を割り振られてた意図もわかりませんね。



ちょうど「96」がやってきました。らっきーです。
この通り、北向きは別府橋側から城南線に向かう「11」「17」「18」「19」「214」、
油山観光道路から六本松へ向かう「12」「13」「16」「113」などが通ります。
南向きは「96」のみ。極端に本数が違います。



ビルの谷間のバス停です。ひさしぶりに長住にも行きたいなぁ。


同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
季節外れの夜の動物園臨時2017
六本松交差点の景色が変わる前に
連節バス特快「9」
博多駅筑紫口のエアポケット
御笠川
全体的に六本松
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 季節外れの夜の動物園臨時2017 (2017-11-18 20:34)
 六本松交差点の景色が変わる前に (2017-09-14 06:06)
 連節バス特快「9」 (2017-09-13 06:06)
 博多駅筑紫口のエアポケット (2017-09-08 20:42)
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。