地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年04月06日

弓の馬場のアーケードが撤去された別府四丁目


こういうものは、実にひっそりと、地元の方だけがわかるようなところに掲示されるわけです。
弓の馬場アーケード撤去工事のお知らせ。



で、撤去されて、こういう姿になりました。
いちおう、元の姿も撮ってはいますが、往時の雰囲気が伝えられるかどうか。



マルキョウはまだ元気ですね。こうやってひとつひとつ確認していかないと、
いろいろなものを残せないまま後悔することになります。



でも、錆びたアーケードが無くなった方が、さっぱりした感もあります。



バス停も、雨はしのげませんが、明るくなりました。



バスは特に気にする様子もなく。当たり前ですけどね。



地上13階建てのマンションが建つらしいです。デュ・レジア別府4丁目。
バス停も近いし、大通り沿いだし、妥当な選択なのかもしれません。



で、ここの商店街が軒並み立ち退きなのかと思いきや、
一番東側にあった太公望は、一番西側に移転するだけという、近場の解決策。
バス停より東側の一角がマンションになるだけで、残るところもあるようで。



久留米屋さんも、少し西へ、そして裏へ。



バス停も、まだ行先表示が元気。



そういえば、六本松の、新道商店街は、更地になってしまいました。
李華の大盛の焼き飯もニラレバも、そういえば長いこと食べてませんでした。



六本松の九大教養部も、私が通っていたのは25年も前の話でして、
あと25年すると、私69ちゃいになりますので、もう生きてるかどうかも定かではありません。
69「ちゃい」とか言うてる場合ちゃいまっせ、ほんまに。






同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
内野ニュータウン経由運行開始日の早良営業所
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)
 内野ニュータウン経由運行開始日の早良営業所 (2018-06-24 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。