地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年04月07日

博多駅からマリノアに西鉄バスで行くのは正しいのか


マリノアから博多駅に行くのに、西鉄バスに乗るのは、あんまり違和感がないんですよね。



でも博多駅からマリノアに行くのに、バスで行こう、という気になるかというと、私は微妙。
西鉄バスが乗り放題の何か、を持っていれば、節約のためにバスでしょうけど。



あ、ちなみに、「9」マリノアの時刻表を掲載していますが、バスで博多駅からマリノアに行くとしても、
「9」は使わない方がいいと思います。
昔の路面電車が走っていた街並が見たい、というような特定の目的がある人を除いては。



途中、六本松や西新界隈からマリノアに行く人は、「9」に乗ってもよいのですが、
博多駅からは別に、直行のバスが出ております。



ですので「9」番も、終点がマリノアシティ福岡であることは表示していますが、
あくまで付帯的な意味合いが強く、西新ですら、このバスで行くのはどうなんでしょうか。。。
東中洲や天神界隈の渋滞を避けたら、城南線から鳥飼を抜けたほうが、西新早いんですかね。
私はバス停を通過するのがカタルシスなので、「3特快」を選びたいですね。

ちなみに設定は、「9」などの城南線経由が、西新四丁目まで31分、
「3特快」は博多バスターミナルから西新パレス前まで29分設定で、さほど変わりません。
ただし特快は、設定が緩く時間が余るためか、博多駅出発時点で5分くらい遅れて来ます。
あれ確信犯だと思います。ですので実質の乗車時間は、特快の方がかなり短いはずです。



かといって、マリノアシティに博多駅から「303」に乗るのも、どうかとは思うのです。
なんとなく、博多駅の構内にいる場合に、わざわざ駅前のA乗り場まで移動してバスに乗るより、
地下鉄で姪浜まで行った方が、確実な印象が私の中にあります。

でも隣の駅前四丁目からだったら、博多駅まで移動して乗り換えるまでもなく
「303」に乗るのが正しいと思いますし、
ほんと、ちょっとした現在地の違いで、イメージが大きく変わります。

ちなみに姪浜駅からマリノアへのバスは、西鉄バスではなく昭和バスですので、
ふだん乗ってるバスと違うから忌避感がある、という方もおられるかもしれません。
でも姪浜駅からマリノア100円ですし、終点まで乗ってればいいだけですし、
間違って遠回りする系統に乗ってしまう、みたいな危険性もないので、気楽にどうぞ。



「303」は平日でも日中は本数がありますので、乗り換えたくない方には最適。



土日祝には、急行が増えます。通過バス停が増えて速くなります。



博多駅からだと、天神を経由する時点で、渡辺通での渋滞が懸念されますが、
天神からだと途中バス停をかなり端折るので、天神北の次はヤフオクドームだったりして、
実はマリノアへの移動だけでなく、ヤフオクドームへの移動にもけっこう使えます。



「100」円バスが当たったのは、都心部だけの循環ルートですし、
知らないところに連れていかれる心配がない、というのが大きな要素でしょうから、
マリノアに行くのに博多駅からマリノア行きに乗るのは、特に問題はないんでしょう。

ただ、6月からは福岡市内乗り放題の一日券が発売されますし、
金銭的なリスクはなくなりますので、どこに行くかわからなくてもとりあえずバスに乗る、
というようなプチ冒険も、楽しんでみていただきたいところです。
行ったことのない終点にたどり着いたら、思わぬ発見や驚きがあるかもしれません。
よっぽど遅い時間に乗らない限り、バスで行ける場所なら、バスで帰ってこられるはずですからw





同じカテゴリー(福岡バスコンシェルジュ計画)の記事画像
第2回「ちょんびん鬼ごっこ」開催概要
鬼ごっこ、という今さらの試行。
期待される六本松
はかた号で都市高速一周
西鉄教習所で連節バスいろいろ
S字でゴルフボールを踏まないように
同じカテゴリー(福岡バスコンシェルジュ計画)の記事
 第3回【バス路線探検家の会】ご案内 (2017-12-09 19:24)
 第2回バス路線探検家の会御礼 (2017-12-09 00:54)
 バス路線探検家の会(仮)開催告知 (2017-10-23 12:16)
 ちょんびん鬼ごっこ#2 (2017-08-02 23:58)
 第2回「ちょんびん鬼ごっこ」開催概要 (2017-07-31 21:51)
 鬼ごっこ回顧 (2017-07-30 23:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。