地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年04月22日

VS嵐チーム福岡と西鉄バス


昨日、VS嵐というテレビ番組に、博多華丸大吉さんが率いるチーム福岡が出演した際、
上からボールが降ってくるゲームの位置取り目印として、
天神博多駅間の西鉄バス停が紹介されました。

昭和通経由で、蔵本から大博通りに曲がって、という、
地下鉄が開業して「2」が昭和通り経由になって以来の、馴染みのある経路なのですが、
昨年のダイヤ改正から、ちょっと様相が変わっているのです。

天神地区の渋滞解消を目的としてでしょうか、多くの系統が天神四丁目を通過するようになり、
天神の中央郵便局前や日銀前を出発し、天神四丁目に停まってから、
博多駅方面に行くバスは、1本もありません。

逆に、博多駅から昭和通経由で天神方面に向かうバスも、「32」がありますが、
多くは大濠公園行きですので、天神四丁目に停まりません。

このブログをご覧の方、多くはご存知かもしれませんが、
蔵本から天神方面に来るバスは、天神エリアでの停車に2種類ありまして、
天神三丁目が終点のバスは、中洲→天神四丁目→天神三丁目という順、
大濠公園方面まで行くバスは、中洲→中央郵便局前→天神三丁目⇒という順の停車です。

そこで、博多駅からの「32」を見てみると、天神三丁目終点なのは、
平日夜23時42分発の1本だけ。すなわち、写真のバス停、
天神、天神四丁目、中洲、博多五町、蔵本、呉服町、奥の堂、祇園町、駅前一丁目、博多駅、
全てのバス停を経由するバスは、1日1本、しかも土日祝は運休、ということです。

バスヲタでなければ、本当にどうでもよい話ですが、
昭和通経由の天神博多間各停が、こういう状況であること、
今回改めて考えて気づき、非常に意外でしたので、掲載しておきます。






同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
はかた号で都市高速一周
西鉄教習所で連節バスいろいろ
S字でゴルフボールを踏まないように
西鉄自動車学校教習体験
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 福岡バスブログコラボ企画業務連絡 (2017-07-13 21:34)
 偶然に九周年 (2017-07-05 20:30)
 はかた号で都市高速一周 (2017-07-04 21:43)
 西鉄教習所で連節バスいろいろ (2017-07-03 16:16)

この記事へのコメント
天神四丁目バス停の意義がよくわからなくなってきてますね。
Posted by 暇工作 at 2016年04月23日 23:51
西向きは、完全な降車場扱いですね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年04月24日 21:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。