地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年05月02日

白土


立派なバスの待合。



なのですが、横から見ると、あまりこの中ではバスを待ちたくないなぁ、と思うのです。



西肥バスの白土。伊万里の駅福島支所を結ぶ路線、福島島内のバス停。



見事に整備された田圃は、ちょうどGWが田植え時期。
平地が尽きた先の高台の裾野に、大山入口のバス停があります。徒歩圏内と言えないこともないです。



福島の中心部、港までは2.4キロ。



伊万里へは、こちらの道を。
というか、ここは松浦市でして長崎県なのですが、
街に出ようとすると佐賀県に向かうことになります。
これは鷹島肥前支所の関係も同じですね。






同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
佐世保実業高校
椎木町
椎木峠
第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ
浅谷
徳義再
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 佐世保実業高校 (2017-12-28 06:06)
 椎木町 (2017-12-27 21:41)
 椎木峠 (2017-12-19 06:06)
 自家用車で生月島に行ったのは初めてです (2017-10-18 22:19)
 第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ (2016-11-20 09:00)
 浅谷 (2016-11-07 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)西肥バス
この記事へのコメント
こんばんは。いい地域ですね(^o^)


この福島地域は佐賀県と結び付きがいいらしく、郵便は伊万里からやってくるので、実は郵便番号は84で始まるのです。
本来なら85で大村からのはずですけどf(^_^;
Posted by 暇工作 at 2016年05月03日 00:36
ですねー。行政区分と経済活動の実態が整合しないのは、
各地でまま見られる現象かと。

てなこと書いたら、大牟田荒尾に行きたくなりました。
きっちり分水嶺で境界が引かれている地域の方が、
むしろ少数派なのかもしれません。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年05月03日 06:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。