地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年05月23日

荒尾駅前


荒尾駅の、



バスのりば、3つ。
1、荒尾市内・玉名・長洲方面
2、大牟田方面
3、高速バス 福岡空港行



荒尾市内バスの乗り継ぎ案内。
どこに需要があるのかを拾うのは、難しいところだと思います。
本当にたくさんの移動需要があるのであれば、直通を走らせればよいわけで。



バス停一覧も。



まだ一応、八幡台経由と長洲経由で玉名までの路線が存続。



荒尾駅前からの直通は、すでにありません。
このブログを書き出した当初は、荒尾地区から玉名駅前まで、
平日は4系統走っていたのですが。



シティモール行きの系統が多すぎて、覚える気はありません。



こちらは西鉄。



2と4。三池中町の辺りは道が拡がる気配があります。



福岡空港までの高速バスは、1時間~1時間半に1本。
大牟田駅前からだと、天神行きのバスが走ってないことに妥当性があるのですが、
荒尾駅前だと、直通バス走ってくれるなら乗ってもいいかな、という気もします。
実際は、みなさん大牟田乗換で西鉄電車を使うのでしょうが。



新大牟田駅前までのバスが少ないので、高速バスも利用可能になっています。
「なりました」って書こうとして、そんな最近のことでもないよな、と思いまして、
でも「利用可能です」だと、以前は可能じゃなかったことが表現できないですし、
普段から誤字脱字も含めて適当な表現を繰り返す当ブログですが、
たまに細かいところが気になります。バランスとしてはあまり良くないです。



来たバスと、行くバス。バスに関しては、次に続けてみます。






同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
祭りのあと
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関交差点と南関迎町
南関で「25」を惜しむ
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。