地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年05月28日

杖立温泉


狭い温泉街を抜けて、



こいのぼりを背に待機するGW中の産交バス。
この時期、例年なら車で大混雑なのですが、今年は震災のせいで穏やかな時間が流れます。



建物に影響はなくても水道関連が被害を受けたという話でしたが、
どのくらい復旧しましたでしょうか。



杖立温泉。バス停は杖立。



壁に、



黒川から福岡の高速バス路線バス停があるのは、従来通り。



しかしながら、大山から松原ダムへの区間が通行止めとなって、
迂回運行で杖立は通りません、当分の間。



路線バスのほうの杖立は、



すこしずつ、着実に本数が減っているような気もするのですが、
それでも平日に6本阿蘇駅まで行くのですから、よく残ってるほうでしょう。

日田バスの方は運休中のため、まったく触れることなく今回は終わります。






同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。