地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年06月23日

西鉄新宮駅前


あまり終着駅のイメージもない、西鉄新宮駅。
ここから宮地岳線の津屋崎駅までが廃止になった日の晩、線路が剥されるのを見ていましたが、
もうあれから何年経ったのやら。

検索すれば正解はすぐ出てくる世の中ですが、解決を求めているのではなく、
あくまで感慨に浸っているだけだとご理解ください。



現在は区間便もなく、貝塚と西鉄新宮の往復です。



この先に続いていた線路をぶった切っているので、簡易のフェンスがあって道路があって、
行き止まり感も少なめ。



もともと線路が続いていた場所を使って、バスの発着所。



バス停2本。



西鉄バスの西鉄新宮駅前と、



新宮町コミュニティバスマリンクス、こちらも西鉄新宮駅。



宮地岳線の代替として、津屋崎橋と西鉄新宮駅を結んでいるわけですが、
福間あたりから都心に出るならJRなり26Aなりで足りるような気がして、
敢えてここから西鉄バスと西鉄電車を乗り継いだって、
結局貝塚でまた乗換だしなぁ、と中途半端感が拭えないのです。

西鉄電車がJR筑肥線のように西新あたりまで直通すると、また印象が違いますかね



路線図。



マリンクスの方が、町内の各地とJRの駅と西鉄の駅と相浦への港と、
一通りの主要個所を効率よく回っている感じで、渋滞さえなければもっと便利なのに。



山らいず線と相らんど線、導入以降何度となく、読みづらいことこの上ないとネタにしてきましたが、
貫けばもうそんなもんだと人口に膾炙するのかもしれません。
これだけ長い間同じ名前でいれば、もう帰る必要もないかな、という気分です。



広い待機場ですが、全てが埋まる時間帯があるのでしょうか。



津屋崎橋が終点ですが、経由地の津屋崎千軒が強調されるようになりました。
街興しの成功例だと思いますので、ぜひ皆さん注目してください。






同じカテゴリー(宗像)の記事画像
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
北町口 わずかに見える海
神湊波止場 世界遺産登録勧告
波津橋 海岸線に架かる目立たない橋
同じカテゴリー(宗像)の記事
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)
 北町口 わずかに見える海 (2017-05-15 16:16)
 神湊波止場 世界遺産登録勧告 (2017-05-14 16:16)
 波津橋 海岸線に架かる目立たない橋 (2017-05-13 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。