地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年07月07日

歯科大病院


そういえば、このブログ、本日で8周年です。#そんな扱いでいいのか



新設の、というべきか、何十年ぶりに復活、というべきか、歯科大病院。
福岡歯科大病院、じゃなくていいんですね。

構内の建物配置も大きく変わってしまって、30年ほど前に顎骨の治療で通っていた私でも、
当時を彷彿させるものは何も見つけられず。
というか、1986年の時点で既に福歯大行きのバスはありませんでしたね。



平日の最終便は、原往還を16時45分なので、17時そこそこには歯科大病院到着なんですが、
それから後のここ始発便は、四箇田団地あたりから回送されてくるんですかね。



この、待機場所の間に合わせ感が好きですなぁ。



駐車場横に、まだ何かできおります。



ロータリー、右にバス停、左に待機するバス。



狭いとこ出てくるのですが、期待したほど萌えませんでした。







同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 21:28│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
ここに行くバスが無くなっていたのはずいぶん経ってからでした。

35年前は当時の西新営業所から丸バスの中型が出ていた記憶がありますが、その数年後には消え去っていたんですね。

ちなみに番号は3番で西新営業所担当だったと記憶しております。


おぼろげですが、博多駅からやはり3番で歯科大行きが数本出ていたような気もします。ご存じの方がいらっしゃったらご鞭撻をお願いいたしますf(^_^;


西新つながりで、35年前の日中に、西新営業所始発の博多行きがありましたが、あれは何番だったかご存じの方ご鞭撻をお願いいたしますf(^_^;
Posted by 暇工作 at 2016年07月07日 23:46
当時の私は、バスの形を見分けてはいませんが、
西新始発の歯科大は、「2」も「3」も存在しておりました。
博多駅始発の系統は、どっちですかね。

西新営業所始発の博多駅行きは、「6」じゃないですかね。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年07月14日 08:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。