地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年07月13日

米良稲荷


紅い橋、青いんだけれどもこのサイズではよくわからないバスw



こんな色です。ヤマト運輸と提携して、西都と西米良の間、人だけでなく宅急便も運びます。



米良稲荷は宮崎交通。西米良村営バスとしては、全体が米良地域なわけですから、
さらに細かい地名を冠したいのか、児原稲荷。



村所行きは、と村所の部分がシール貼りなのは、もともと他の場所も書いてあった名残。
ここだと尾吐はすでに分岐した後なので、吐合あたりですかね。



バス停が橋の袂にあって、右側に分岐するのが稲荷への道。



朝は橋影が水面に映っていたのですが、バスが来る頃には陽が差していました。



米良側からやってくると、橋に車がいるのが見えるので、離合できないバスは待機。



ちなみに、橋の名前も、米良稲荷橋だそうです。






同じカテゴリー(宮崎交通)の記事画像
九州本土の秘境バス四天王
村所駅昼
村所駅朝
鳥ノ巣
越野尾
瓢丹渕
同じカテゴリー(宮崎交通)の記事
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 村所駅昼 (2016-09-12 06:06)
 村所駅朝 (2016-09-11 06:06)
 鳥ノ巣 (2016-07-15 07:07)
 越野尾 (2016-07-14 07:07)
 瓢丹渕 (2016-07-12 17:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)宮崎交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。