地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年07月15日

鳥栖プレミアムアウトレット


鳥栖プレミアムアウトレット
何度となく訪問してるはずなんですが、アウトレットで検索したら、2008年の記事しか出てきません。



まあ、ずっと賑わってるほうですよね。



相変わらず、バス停にしか注目しないのです。
中の店に関してコメントしようとしても、それは誰かに媚びているだけであって、
もともと私にとってここは乗り継ぎ拠点でしかないのです。



かといって、天神まで高速バスで帰ろうという気もないです。
昔、天神から西鉄鳥栖まで500円のバスが走ってましたな、そういえば。



私が自宅から鳥栖アウトレットに行こうとしたら、西鉄電車で小郡まで行って、
そこからバスに乗るでしょう。最寄りがJR駅の場合なら、弥生が丘乗り換え。
ということは、鳥栖からバスで来てる人たちは、佐賀とか久留米とか大牟田とか、
南なり西なりから来てるってことなんですかね。
それならもう少し本数に偏りがあってよさそうに感じるのですが、
小郡発と鳥栖発と、同じくらいの本数、というかむしろ鳥栖が多めの印象。



そういえば、鳥栖からプレミアムアウトレットが「20」で、西鉄小郡が「30」で、
行先番号が付いていますが、今回乗って初めて認識しました。

ネット検索がこれだけ発達すると、記憶していること自体はあまり意味を持たず、
必要となった時にどうやって調べればよいかを知っていることのほうが価値あるものになります。
そういえば昔は自宅に百科事典を持つのがステイタスでしたよね、ウチにもありました。

現在は、とりあえずこうやって書き記したら、あとは次に見る日がいつになるかもわからぬまま、
放置することになります。もう2度と顧みることはないかもしれません。






同じカテゴリー(鳥栖)の記事画像
西鉄バス廃止路線完全復活祭#5鳥栖ローカル編撮影地一覧
東橋と市民の森
鳥栖河内週末の日常
鳥栖元町
西鉄鳥栖建て替え
目達原桜開放
同じカテゴリー(鳥栖)の記事
 西鉄バス廃止路線完全復活祭#5鳥栖ローカル編撮影地一覧 (2019-04-11 19:19)
 東橋と市民の森 (2018-06-05 17:17)
 鳥栖河内週末の日常 (2018-06-04 17:17)
 鳥栖元町 (2018-05-25 07:07)
 西鉄鳥栖建て替え (2018-05-06 07:07)
 目達原桜開放 (2018-05-05 07:07)

Posted by ちょんびん at 19:33│Comments(3)鳥栖
この記事へのコメント
宮崎の鳥ノ巣の次は佐賀の鳥の巣(鳥栖)ですね(^o^)

アウトレット線は番号が変わったりルートが変わったりとちょくちょく変更がされていますね。


鳥栖から天神へ行っていた高速バスもアウトレットを経由するものとしないものがあったんですよね。


一度乗る予定をしていたのですが、乗る予定の3日前に廃止されてしまい、残念がったものです。


今こそ鳥栖支社敷地に乗用車乗り入れ可にして運行すれば流行るのではと思ってしまいます。もちろん運賃はアウトレットと同額で(^o^)

私なら利用します(^o^)
Posted by 暇工作 at 2016年07月16日 23:29
>宮崎の鳥ノ巣の次は佐賀の鳥の巣
よくわかりましたねw 絶対誰も拾わないと思ってたんですがww

鳥栖から天神に出るのって、どういう手段があるのか、
ってのはよく考えていたのですが、
博多駅界隈が賑わいだしたら、天神を目的地にする必要性も薄れるのかも。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2016年07月18日 10:43
言葉のリベロでございます(^o^)
Posted by 暇工作 at 2016年07月18日 16:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。