地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年07月18日

海の中道サンシャインプールマリンワールド行き直行バス2016


夏がやってくると、皆様と同じように、志賀島に注目するわけですが、
海坊主のような見た目とは相反して、あんまりマリンリゾートに興味はないです。
7月23日からずーっと毎日運行の、サンシャインプール直行臨時バス。

今年は小学校の教室にエアコンも付いて、福岡市は8月中に2学期が始まるはずですが、
とりあえず31日まで直行バスはずっと走り続けるようです。対象は小学生じゃないかもですね。



実際ワタクシが乗車しました17日(日)の最終便も、ハタチ前後のカポー※coupleが7組ほど。
親の気持ちとして、小学生連れて行くなら車かなー、と思います。
現地で酒かっくらおうか、って世代のほうが、公共交通のメリットを享受するのかも。



直行サンシャインプールは平日と時刻や本数に変更はなく、
ただし大竹まで行く「21B」もマリンワールドやサンシャインプールに便利よ、という意味。
あとは込み具合次第ですよね。

この日の帰りは、直行最終便の数分前にマリンワールド前を発車する21Bに藤棚から乗ってしまい、
マリンワールドまでは新車で快適だったのですが、そこから先は大混雑でした。
中体連でしょうか、テニスの大会を終えた女子中学生に囲まれてバスに乗るのは、けっこう苦痛w



反対側車線は、渡辺通りが完全に閉塞していて、バスを待つ20分ほどの間で、
数十メートルしか動きませんでした。でんえもん号塗装。



特に意図があるわけではなく、バスを待つ間のつなぎというか、時間の有効活用のつもりw



というわけで、サンシャインプール行き臨時、新宮3643。乗り場は中央郵便局の前、18Aです。



蔵本は乗客扱いだけ、出発したらあとはマリンワールド海の中道まで直行。
いいアクセルの踏み方をする運転士さんだったので、非常に快適な時間でした。





同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
照葉ガーデンスクエア入口
東部青果市場前
下原秋
新西鉄香椎
新香椎花園南口
夏が終わってサンシャインプール
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 照葉ガーデンスクエア入口 (2017-11-17 06:06)
 東部青果市場前 (2017-11-09 16:16)
 下原秋 (2017-11-08 21:21)
 新西鉄香椎 (2017-11-08 16:06)
 食事の栄養を考えるバス (2017-11-07 18:18)
 新香椎花園南口 (2017-11-06 22:11)

Posted by ちょんびん at 16:26│Comments(0)福岡黄
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。