地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年08月08日

月廻り公園


月廻り公園、6月23日訪問時は、震災のため当分休業。



そして、公園から周辺の施設土地から温泉からゴルフ場まで、
全部まとめて売り出し、30億から50億ってのもざっくりとした値付けですよね。
さらに言うなら、30億を出した時点でそれより高い値段では買わんですし。



田楽と温泉館は営業中。



月廻り公園



阿蘇五岳が見えるはずなんですが、まあ天候によってはこういうこともあります。
それもまた一期一会だと思えばよいのですよ笑。



色見循環が通るほかに、郊外向けの便が温泉館まで行き来するので、
本数はあります。非常に偏ってますけど。10時台に5本来て、2時間半空きとか。



産交仕様のこの路線図、高森に関してはまったく役に立たないのではないかと思います。
地理的な方向感覚や距離感を無視していることも問題ですし、
吉見神社とか社倉とか天神とか、運用も難しいんですよ、高森町民バス。



バスとゴーカートで競走してみたい、と思う私w






同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
山鹿バスセンター脇
南関交差点と南関迎町
南関ターミナルと車庫
蔚山町
高森町民バス尾下線記事行方不明
多々野2016冬
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関ターミナルと車庫 (2018-01-09 06:06)
 蔚山町 (2017-11-20 20:20)
 高森町民バス尾下線記事行方不明 (2017-06-28 18:12)
 多々野2016冬 (2017-03-01 16:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。