地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2016年08月11日

かいがけ(鎰掛)


鎰掛温泉(かいがけおんせん)は、別府市内成鎰掛にはなく、
隣の由布市挾間町に所属しています。
まあ細かいことは言わなくても、かいがけ終点から徒歩圏内です。
郊外になると、徒歩圏内が多少拡がる傾向はあるとして。



別府からバス路線に沿って、茂みを抜けたところに別府市の端っこの集落があって、



「かいがけ」はひらがな。亀の井バス。



平日4本、学休日は1本減って3本、土日祝は2本。
内成鎰掛の内成のほうにルビがふってあって、さらにローマ字表記もあるのですが、
フリガナ必要なのは絶対に鎰掛のほうだと思います。「かいがけ」です。
うちのパソコンくんは変換してくれないので、全部コピペです。



道端にバス停があって、待機転回用の空間があって、乗務員用の小屋も。



そして、道は続きます。ベンチもポイント高し。



日本の棚田100選の中を走る、内成線。
ほかにも浮羽とか星野とか肥前大浦とか松浦福島土谷とか、
バス路線から棚田を眺められる場所はありますが、
幾重にも重なる棚田の中を走る経路選択は、九州内でも上位にランクできそうです。
亀の井バスがこうやってバス路線を推しているのもよいです。



どれだけの人がバスに乗って棚田観光に来てくれるものか。
こうやってバス好きを標榜していても、撮影を考えて今回は車で移動してますので、
あまり乗る「べき」とは言えませんけど、一度訪れる価値のある場所ですよ、ここ。






同じカテゴリー(亀の井バス)の記事画像
別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する
梶原再晴 田植え前
かいがけから岩水 棚田沿いを歩く
内成棚田かいがけ行きの車窓から
堺
渓谷入口 由布川渓谷
同じカテゴリー(亀の井バス)の記事
 別府駅西口で亀の井バスのレア路線を確認する (2017-05-23 21:41)
 梶原再晴 田植え前 (2017-04-24 16:16)
 かいがけから岩水 棚田沿いを歩く (2017-04-21 21:32)
 内成棚田かいがけ行きの車窓から (2017-04-14 20:12)
  (2017-04-05 16:16)
 渓谷入口 由布川渓谷 (2017-04-04 16:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。